ハイパーナイフを購入すべき2つの最重要な理由とは?メリットとデメリットを解説!

わずか10分の使用で効果が目に見え、リピーターの獲得が容易な脅威のマシーンHyperKnife

ハイパーナイフ

最近よくハイパーナイフ(HyperKnife)という言葉をネットやTVなどで耳にしますが、導入しているエステサロンはかなり多く、知名度でも導入実績でも業界No1とわれるほどの商品です。なので、このハイパーナイフを導入するだけでも、最新マシーン導入!という謳い文句を使用できますからね。当然導入する利点は大きいでしょう。

当ページではこれからハイパーナイフを導入したいと思っている人のために、購入すべき2つの最重要な理由と題してハイパーナイフに関するメリット、そしてデメリットをもまとめましたので参考にしてみてください。

最新機器を導入して売り上げアップ間違いなし!?

ハイパーナイフを製造販売しているところはどこか?

ハイパーナイフは株式会社ワム(本社:東京都渋谷区円山町)で製造販売されているので、資料請求や問い合わせは直接ワムさんにするのが間違いないでしょう。

株式会社ワムのハイパーナイフ

また購入前に実際にマシーン無料で体験も出来るので、希望の方は同じくHPから問い合わせてみてください。

株機器会社ワムさんではハイパーナイフの他にも多くの健康・美容関連グッズも取り扱っています。つまり健康器具に関してはエキスパートという事になります。

ハイパーナイフのメリットとデメリット

次にハイパーナイフのメリットとデメリットを挙げてみましょう。

デメリット1.価格が高い

デメリットとしてまず挙げられるのは、価格が高いという点。販売価格は中古でも100万円以上という値段がついているので、導入するにはちょっとした気合が必要です。新品に関してはネット上で130万円~200万円ぐらいという情報もみられますが、これはメーカーに直接資料請求してご自身で確認してください。


デメリット2.リバウンド率はキャビテーションより高い

ハイパーナイフと共にエステで人気があるのはいわゆるキャビテーションというやつです。キャビテーションとは「空洞化現象」という意味合いであり、一般的には潜水艦などが速度を出したときにスクリューに生じる気泡などの事をさしますが、エステ業界においては痩身エステ等で使用されている方法を指しています。

現在このキャビテーションとハイパーナイフは共に人気のある施術法ですが、違いを極々簡単に説明するなら、そのリバウンド率にあります。

ラベル名
・キャビテーション→効果がゆるいがリバウンドしにくい
・ハイパーナイフ→効果が表れやすいがリバウンドしやすい

しかしこれはあくまでもキャビテーションと比較した際の相対的な評価なので、ハイパーナイフ=リバウンドしやすいという事ではないので、その点は注意が必要です。


メリット1.圧倒的な知名度

メリットはなんといっても圧倒的な知名度。

ハイパーナイフという言葉はいまやSNSでかなり多く見られるほどに、女性の間で浸透しています。

例えばツイッターではこんな感じで拡散されています。

こちらはインスタグラム


上はほんの一例ですが、他にも多くのつぶやきがみられますが、殆どが肯定的な口コミ。また、インスタグラムよりツイッターでより多く拡散されていて、「ハイパーナイフ」で検索すると1日に数十件ツイートされている日もあります。それだけ人気があるという事であり、潜在的な需要を考えるとかなりのものでしょう。


メリット2.検索数は右肩上がり

下の画像はグーグルトレンドで「ハイパーナイフ」の検索数の推移を示したグラフです。過去5年間の検索数ですが、見事な右肩あがりで、2014年と比べると約4倍にまで伸びています。また、2017年から2019年までは2年間で検索数が2倍になっています。

今後の伸び率はもちろんわかりませんが、ツイッターでの口コミなり反応と合わせてこのグラフをみるとまだまだ先行者利益は十分得られる可能性は高そうです。


メリット3.即効性がある

おそらくこれはハイパーナイフ最大の長所であり、メリットになるのでしょうが、なんといっても即効性があるという点。早い人で10分で見た目に変化が現れるというのは、お客様へ対する最大のアピールになるでしょう。

即効性があるからリピート率は確実にアップする事でしょう。また、10分という短い時間でもみための効果が顕著なので単価を上げてもお客様に訝しがられる事もなく、自然に高収益が見込まれるでしょう。


メリット4.有名人も愛用しているハイパーナイフ

また、プロレスラーの遠藤哲哉さんなど、有名人やモデルなども多く愛用しているといわれています。

購入後のアフターサービスも充実

高額な機器だけにアフターサービスが気になりますが、その点も心配無用です。購入後の保証はもちろん、マリーンの使用法や、これまでに得た豊富なデータを元に、売り上げを上げるための研修も充実しているので、いざ導入したのはいいが、どうやって効率的にマシーンを活かしていいのかわからない、などと迷う事もないでしょう。

実際に売り上げが伸びた多くの店舗の営業戦略を参考にしたより実践的な研修により、ハイパーナイフを初めて導入した人でも迷う事はなく、スムーズに営業できるというのはひょっとしたら最大のメリットなのかもしれません。

利点まとめ
・3年保証
・実績のあるお店を参考にした実践的かつ効率的なメニューの提示
・即効性があるので単価アップも容易
・気持ち良い体感

売り上げアップの具体例

これまでに株式会社ワムさんはハイパーナイフを全国2000店舗以上のエステサロンや治療院などに導入してきました。その中の1000店舗以上の導入実績の平均値は以下の通りです。

項目 変価値 変化率
平均顧客単価 5,000円→12,000円/分 2.4倍
稼働分単位 150円→400円/分 2.7倍
平均来店周期 月1回→月4回以上 4倍
回数券契約率 45%→80% 1.8倍

客単価が2倍以上というのは凄い話ですが、これはあくまでも平均値なので、これ以上の結果が出たり、逆に平均値を下回ったりする場合もあるので、必ずしもこれだけの成果につながるというわけでもないですが、やり方によっては大いなる可能性を秘めているのがハイパーナイフなのです。

つまり株式会社ワムさんのアフターサービスである毎月行われるフォロー研修というのは必須といっても良いかもしれません。

また、公式サイトによると90%以上のお客様が導入後3カ月で売り上げ平均178%を達成したとの事ですが、公式サイトによる発表という事を差し引いても、口コミを見る限りではあながちあり得ない話でもないかもしれません。

メンズエステでの導入事例もあるようですね。

ハイパーナイフ 買うなら中古か?新品か?

ハイパーナイフは中古品も出回っています。ネットを検索するとメルカリやヤフオク、その他中古機器販売サイトなどで売られていますが、数はそれほど多くはなく、値段も50万円ぐらいから100万円ぐらいと様々。

中古で100万円超えるなら新品を買ったほうが良い気もしますが、中には2年の保証をつけてくれるところもあるので、その保証料込みの値段ならわからなくもないですが、その他フォロー研修などの公式サイトならではのサポートというの利点を考えるとやはり公式サイトで購入したほうがお得かもしれません。

メインマシンが故障した際のサブとして購入するならば中古もありかもしれませんが…

類似品・模造品もある

株式会社ワムさんの報告によると模造品・類似品を使用しているエステサロンも存在したそうです。それと知らずに偽物を掴まされたのか、それとも安かったので確信犯的に購入したのかはわかりませんが、ともかくもそのような品を使ったお店が存在するという事だけは、頭の片隅に置いていたほうがよいでしょう。

ハイパーナイフを新品で正規購入した場合は下の画像のような認定証が株式会社ワムさんから発行されるので、店に展示しておけば、信頼性もアップするのではないでしょうか。

ハイパーナイフの認定書

また、HyperKnifeという名称は株式会社ワムさんお登録商標なので、機器に英語で「HyperKnife」と記載してあれば本物だという認識でよいでしょう。(詐欺業者が堂々と記載していればまた話は別ですが、そのような機器は遅かれ早かれ排除されているはずなので問題ないとは思います)

ネットでは似たような商品名の機器も目にしますが、購入する際には書いてある英語のスペル「HyperKnife」をよく確認してください。

以上のようなリスクを考えるとやはり公式サイトで購入するほうが安全ではありますが、最終的な選択は個人に委ねられるので、責任を負ったうえで中古を購入するのか新品を購入するのかを判断してください。

ハイパーナイフは買いか?

そんなわけで、実際問題ハイパーナイフは買いなのでしょうか?

答えはもちろんわかりませんが、

ハイパーナイフを買うべき最も重要な2つの理由
・グーグルでの検索数が直近5年で右肩上がり
・SNSで頻繁にハイパーナイフという言葉を目にする

という以上の2点の要素を考えただけでも、これから伸びる商品であろう事は大いにあり得るので、購入するなら早めのほうがよいかもしれません。


高周波温熱器というジャンルの息の長さ

また、ハイパーナイフなどの高周波温熱器というジャンルは、実は今をさかのぼる事約30数年ぐらい前から存在しエステにおいてもハイパーナイフとは別商品ですが、取り入れているところも多く、また機器も日々進歩しています。

つまり技術も含め廃り流行りというものがない安定したジャンル・施術法でもあるので、目玉メニューの1つとして用意しておけば、確実にお店の売りになるでしょう。

しかしだからと言って採算計画もなくただ購入すれば儲かるというのでもなく、緻密な戦略なり事前調査が必要でしょう。

購入に迷ったらメーカーに相談してみる

なので、購入に迷ったら一度お店の現状を含め、今後の展開などを含めメーカーさんに相談してみて、これはいけると思った時にはじめて購入するといった慎重さも必要かもしれません。

とはいえ、頭で考えてばかりいても始まらないので、

・資料を請求する
・実際に機器を体験してみる

ところから始めてはいかがでしょうか。

公式ページに飛ぶと右側に資料請求・問い合わせ・無料体験予約の欄があるので、こちらから簡単に申し込みが出来るので(赤丸で囲んだところ)、自分1人であれこれと頭の中で考えるのは苦手という人は、とりあえずメーカーさんに相談するのも一つの方法であり、全国のエステに多くの導入実績があるハイパーナイフの波に乗るという選択肢もあるという事を留意してみてください。

株式会社ワムのハイパーナイフ